【絶景スポット】三浦半島の城ヶ島には神奈川屈指の絶景がありました!【神奈川】

【絶景スポット】三浦半島の城ヶ島には神奈川屈指の絶景がありました!【神奈川】

城ヶ島(三浦半島)とは

今回は、三浦半島の城ヶ島、その中でも「馬の背洞門」と「ウミウ展望台」がマジパネェ!という記事を書こうかと思います。

昨日(2019年3月21日(木))は、春分の日で休日でした。

この日の気温は最高気温18℃ということで、長らく訪れていたライダーには辛い冬の時期に終わりを告げる気温となっておりました。

日本列島はこの日、全体的にあまり天気はよくない予報で、その中でも東京神奈川は雨曇りということでギリギリツーリングに行けるかなどうかな…という微妙なコンディションでした。

会社の同僚とツーリングに行く約束をしていましたが、直前まで「うーん。やっぱり延期にしちゃう?」みたいな雰囲気でしたが、まあ雨に降られたらそん時はそん時や!!ということで決行することになりました。

天気はイマイチでしたがツーリングしてきました!Ninja250とグラディウス400

行き先はタイトルにある通り、三浦半島で、今回の記事はその中でも三浦半島の最南端にある島、城ヶ島について書いていきます。

ツーリングの最後に訪れた場所なんですが、神奈川にこんな場所あったの!?と感動する位素敵な場所だったので、今回はツーリング記事ではなく単品で城ヶ島フォーカスの記事にすることにしました。

さて。

本題の城ヶ島の話です。

城ヶ島は、前述の通り三浦半島の最南端に位置する島です。

Wikipediaさんによると、

城ヶ島(じょうがしま)は、神奈川県三浦半島の南端に位置する島。
風光明媚な三浦半島の情景を凝縮したような景観で知られる、鎌倉時代以来の景勝地である。

だそうです。

今回初めて訪れましたが(神奈川県民になって既に5年程経つんですがね…)、まさに「三浦半島の情景を凝縮したような景観」でした!ほんと。

「神奈川 絶景」とかでしらべると、あまり城ヶ島がヒットしないような気がしますが…間違いなく、ここは神奈川でTOP5には入る絶景かなと思います!

城ヶ島(三浦半島)の基本情報

城ヶ島に関する基本情報を書いていきます。

城ヶ島(三浦半島)への通行料金(城ヶ島大橋)

城ヶ島に行くためには、城ヶ島大橋を通る必要があります。城ヶ島大橋は有料道路となっております。将来的には無料になるようですが、現在は有料です。

料金は下記の通りです。往復料金です。

  • バイク(50cc以上)
    • 50円
  • 原付(~50cc)
    • 0円(無料です!)
  • 軽自動車
    • 50円
  • 小型乗用自動車
    • 100円
  • 普通乗用自動車
    • 150円

料金は、神奈川県の公式ホームページより。小型乗用自動車と普通乗用自動車を分けて料金課金させるタイプは珍しいですね。ちなみに、軽自動車/小型乗用自動車/普通乗用自動車の違いについては、こちらのページが分かりやすいです。

梅雨と軽自動車の料金が同じなのは、まあ高速道路の料金が同じなので仕方がないかなという感じですね。もとが安いのであまり気にならないです。

城ヶ島(三浦半島)の場所(地図)

城ヶ島の場所は下記の通りです。(GoogleMap)

バイク駐輪場/駐車場

城ヶ島には見る場所によって駐車場が2箇所分かれます。城ヶ島灯台の方を見るのであれば西側の駐車場を、城ヶ島公園に行くのであれば東側の駐車場を利用するのが良いと思います。

西側も東側も、駐車場が複数個所あり、また、1箇所ずつがそれなりに収容台数があるため、駐車場所には困らないかと思います。

バイクの駐車ですが、西側であれば下記の第3駐車場の所に「バイク空」の案内が出ていたためここに停めました。

単発の休日だったので人が少なかったのか、それとももともとあまり人が来ないのかわかりませんが、駐車場はかなり空いていました。

そういえば、こうした有料駐車場で「バイク空」って書いてあるの珍しいですよね。有料で全然いいんで、こんな感じにバイク駐車場もっと増えて欲しいですよほんと。

ちなみに、西側のこの駐車場は駐車料金は100円でした。何時間あたり…は忘れてしまいました…

調べてみると、東側の城ヶ島公園側駐車場も、バイクは駐車料金100円とのことでした。(2019年3月時点)

1点、注意ですが、東側の城ヶ島公園最寄りの駐車場は、17時には完全に閉まってしまうようです。また、季節によっても違うようです。

私たちが訪れた2019年3月21日(木)は、まだ17時前でしたがゲートが閉まっており、駐車場のおじさん曰く、17時には完全に閉めるから停めたいならもう少し下の駐車場にしてくれ、と言われました。

この季節は16時30分頃になると閉まる可能性があるので、時間には気を付けた方が良いです。他の駐車場は空いていましたので、場所によっても違うみたいです。

オススメ度

さて。城ヶ島の個人的オススメ度ですが…

オススメ度は、★★★★★の5つ星です!

後述しますが、ウミウ展望台、馬の背洞門の絶景さ、しかし、それに比して人が意外と少ない、というのがかなりの好印象で、総合してオススメ度5とさせて頂きました。

本当に神奈川か!?と思うくらい壮大で自然のある景色を楽しむことができます。ゆっくりと静かに。

混雑度

私が訪れたのは休日(単発)でしたが、人は上記の駐車場の写真を見ていただくとわかるかと思いますが、結構少なかったです。

最寄りの駐車場とかはもう少し埋まっていましたが、でもまあ人の数はかなり控えめでした。

その前に、横須賀の三笠公園とか、観音崎を訪れましたが、それよりも人は少なかったですね。

トイレ情報

トイレは、西側、東側、中央付近駐車場などに公衆トイレが設置されています。案内も出ていますし比較的わかりやすいかと思います。

城ヶ島(三浦半島)はこんな場所です

さて。

それでは城ヶ島って実際どんな場所なの!?を写真ベースでまとめていこうと思います。

オススメスポットと写真たち

個人的に最も良いスポットだと思った2箇所について写真をのせていきます。

ウミウ展望台からの景色

城ヶ島公園第一駐車場にバイクを停めて、少し戻る方向に歩いていくと、「ウミウ展望台」「馬の背洞門」の案内看板を確認できると思います。この方向に道路を歩いていくと左に曲がれと案内があるはずです。

その案内の通り歩道を進んでいくと、5分程度でウミウ展望台に到着します。地図はこちらです。

歩いてほんの数分なんですが、早速ここからの景色に驚かされます!

 

城ヶ島 ウミウ展望台より
城ヶ島 ウミウ展望台より

えっ…ここ、神奈川…だよな…?と目を疑いました。はい。神奈川です。めっちゃ壮大なんですよ景色!

城ヶ島 ウミウ展望台 アップで
城ヶ島 ウミウ展望台 アップで

この何処かにウミウの繁殖場があるようです。私にはわかりませんでした…ちょうど今頃ウミウが見れるようですね。

はい。

こんな感じで早速素晴らしい景色を見ることができました。

これでも十分満足していたんですが…さらに歩を進めて馬の背洞門の方に歩いていきました。

馬の背洞門周辺の景色

ウミウ展望台からさらに10分程度歩くと、馬の背洞門に着きました。

で、この場所がウミウ展望台よりも絶景だったんです!

馬の背洞門、に降りるまでの道の雰囲気!それまでは木々に囲まれた道を歩いてきたんですが、ここにきて一気に視界が開けて、突然こんな感じの場所に出ます。

馬の背洞門に降りる道
馬の背洞門に降りる道

天気があまり良くなかったのが悔やまれます…しかし感じる雄大な雰囲気!

馬の背洞門付近の海岸
馬の背洞門付近の海岸

そして、誰も居ません!こんなに広い海岸なのに、誰も居ません!今日休日だよね!?

さて、そしてここが馬の背洞門です。めっちゃ穴空いてます。

馬の背洞門
馬の背洞門

この周辺に、壁面に向こう側が見える穴が数か所空いていて、結構向こう側まで距離があるはずなんですが貫通していて、波ってすごいなあ(こなみかん)と思いました。

はい。こんな感じでした。終始風が強かったんで髪の毛がめっちゃ塩っぽくなりました…

感想

事前の下調べ無しで城ヶ島にツーリングに来て、正直全然期待していなかったんですが、実際に見てみると素晴らしい景色に出会うことができて感動でした!

正直、「神奈川?三浦半島?家から70km位離れてるし、だったらもうちょっと走って伊豆まで行った方が絶景感楽しめるっしょ」と思っていましたが、いやしかし、城ヶ島にはそんな舐めた思いを吹き飛ばすようなスポットが眠っていました。いや、実は有名なのかもしれませんが。

景色が良いのはもちろん大事ですが、加えて、休日なのにあまり人が多くなく、のびのびと絶景を満喫できた点もかなり良かったですね。

都心のバイク乗りの皆さん。まだ城ヶ島に行ってないという方が居られましたら、次のツーリングスポット候補としていかがでしょうか!?

おわりに

今回は、神奈川県の三浦半島の南端にある城ケ崎についてまとめました。

何度か書いていますが、ここは神奈川らしくない絶景スポットで、個人的には大変オススメできるポイントとなっています。

三浦半島には他にもツーリングスポットがありますし、また、千葉にフェリーも出ていたりしますから、一泊二日の日程なら千葉ツーリングも一緒にできるルートも組めます。

バイク乗りとしては結構便利なルートかと思います。参考になれば!

参考リンクなど

絶景スポットカテゴリの最新記事